top of page
  • FUKUOKA BEAT REVOLUTION

大江慎也の復活と誕生――観客の声援は力になる!


当初は2023年1月20日(金)に予定されていた東京・高円寺「HIGH」でのShinya Oe&Super Birdsの東京公演。残念ながら大江慎也の体調不良のため、延期になった。その振替公演は、先月、6月30日(金)に同じく高円寺「HIGH」で行われている。大江の復活を信じ、ほとんどの方が延期になっても払い戻しをせず、チケットをそのまま持っていたという。ファンとはありがたいものだ。

既にチケットはソールドアウト。会場は超満員。文字通り、立錐の余地もないという状態だ。半年間、その瞬間を待っていたのだろう。再会の時はもうすぐである。ステージにShinya Oe&Super Birdsが登場すると、観客は歓喜の拍手と歓声で彼らを出迎える。


病み上がり(実際は、まだ完治ではないようだ)には思えない大江慎也(Vo、G)、ヤマジカズヒデ(G)、KAZI(Dr)、細海魚(Kb)、穴井仁吉(B)の5人による怪鳥たちの復活を物語る2回のアンコールを含む、1時間40分を超すステージ、彼らは不死鳥の如く蘇る。しかも単なる復活ではない、新たな怪鳥の姿を垣間見せる。この日は「Riding With The King」や「Venus」、「Go For The Party」、「Rosie」、「C.M.C.」など、お馴染みのナンバーだけではなく、「She Made Me Cry」、「Walking The Dog」など、初めてこのメンバーで披露された曲もあった。



また、これまで演奏してきた曲もところどころに新機軸を加えられている。半年間の沈黙(!?)は決して無駄ではない。羽を休め、新たな進化の時を待っていたのだろう。彼らの音楽の完成形、究極の進化形はもう少し先かもしれないが、常に実験という進歩を調和という成果に結実させる。怪鳥の最終形態は、まだ、先である、そんな期待を抱かせる。大江慎也との再会を観客は喜び、大事な家族の復活を心から祝うかのようだ。通常のライブながら、どこか、祝祭感が横溢する。



再会を祝うものは、観客だけでなく、復活した大江に会いに澄田健や百々和宏などのミュージシャンを始め、映像クリエイター、画家、DJ、プロデューサーなどもたくさん来ていた。改めて、大江慎也がファンの方を含め、いかに多くの人に愛されているかを再確認できるだろう。所謂、“関係者席”という天井桟敷にも人が溢れる。そんな風景も久しぶりのことではないだろうか。



この日、9月には東京でのバースデイライブも予定されていることが会場で発表された。当日は同ライブの詳細は明かされなかったが、ライブから数週間後、改めて告知された。9月30日(土)に新宿LOFTで「大江慎也 AGE 65 ANNIVERSARY~Don't Forget Love~Shinya Oe & Super Birds」が開催される。同月同日、同場所といえば、5年前、2018年9月30日(土)の新宿LOFTでの“嵐のバースデイライブ”が思い起こされる。「60 Years Old Thanks Live Shinya Oe Place Of Love~応援ありがとう~」は文字通り、台風が直撃、JRなどの計画運休もあり、会場に辿り着けても終演後は電車で帰れないと言うロックアウト状態だった。JR東日本は9月30日(日)、正午過ぎに台風24号の接近に伴い、同日午後8時以降、首都圏の全ての在来線を終日運休すると発表した――翌日、“首都圏のJR、初の計画運休”などと報道されたが、前代未聞の出来事だったのだ。そんな状況にも関わらず、観客は“朝までコース”(新宿LOFTのバースペースが終演後、始発まで解放された)を覚悟して参加された方も多く、超満員の入りだった。



また、その日は“お祝い”らしく、花田裕之(G)や下山淳(G)、ヤマジカズヒデ(G)、井上富雄(B)、穴井仁吉(B)、高橋浩司(Dr)、KAZI(Dr)など、スペシャルなメンバーが集まった。いずれにしろ、彼のいまの活動に繋がる、ステップとなった公演だろう。



楽しみな9月になりそうだ。新宿LOFTの前には9月9日(土) に鹿児島 「IPANEMA」で「大江 慎也 LIVE IN KAGOSHIMA」というソロライブを行う。9月には嬉しい再会が待っている。今度はどんな“バースデイライブ”を見せてくれるか。楽しみでならない。いくら“嵐を呼ぶ男”だからといって、“台風直撃”だけは勘弁してほしいところ。

ライブから数日後、大江慎也がコメントをくれた。その言葉の中には、いま大江慎也が復活と誕生を繰り返しながらもその音楽を私達へ届けるのは、観客の応援や声援が彼を後押ししていると語る。いうまでもなく、応援や声援はミュージシャンの力になるのだ。同時にそんな大江の音楽は私達へ勇気をくれる。一緒に時を刻み、同時代を生きる喜びを噛みしめるべきだろう。




観客の皆さんの声援は、力です!――大江慎也


6/30のShinya Oe And Super Birdsのライブに来てくれた皆さん、有難うございます。

顔面神経麻痺もまだ治っていないのですが、観客の皆さんの声援と、メンバーの音とパフォーマンスに包まれ、大変盛り上がりました。


療養中の体力の落ち具合と、顔面麻痺による歌の感覚を心配していましたが、無事にライブを集中して敢行することが出来ました。


ライブでは、Super Birdsでは演ったことのなかった「Walkin' The Dog」、「She Made Me Cry」も演れました。


ここではなく、何処かのところにも届けばいいなとも思いながら、良い音響のライブハウスで、演奏し、音を出すことが出来ました。


こちらの提示するステージに、温かく反応して、楽しんで頂けた感触を受けて、こちらも楽しみました。


ライブ観覧で声が出せなかった頃より、よくなって良かったですね。

とにかく大盛り上がりでよかったです。

僕らメンバーも楽しめました。


オーディエンスの皆さん、バンドメンバー、スタッフの方々、手伝ってくれた皆さん、関係者の方々、有難うございます。

観客の皆さんの声援は、力です。



□                             2023/7/9  大江慎也




セットリスト


******************



大江 慎也 LIVE IN KAGOSHIMA

2023.9.9(土) 鹿児島 IPANEMA

Open 19:00/Start 19:30

前売:3,000円/当日:3,500円

※要1ドリンクオーダー

O.A

BON (from ARTS & BON DX)

Sally the Husky

PICKLESS

メール予約: イパネマ 田山宛

件名:メール予約

本文:氏名、電話番号、日付、枚数のご記載をお願い致します。

INFO.IPANEMA 090-1087-0017




********************



大江慎也 AGE 65 ANNIVERSARY~Don't Forget Love~

Shinya Oe & Super Birds

2023.9.30 (土) 新宿LOFT

OPEN 18:30 / START 19:30

前売:6900円 当日:未定

※オールスタンディング/ドリンク代別


<出演>

Shinya Oe &Super Birds

大江慎也(Vo&G)

ヤマジカズヒデ(G)

KAZI(Dr)

穴井仁吉(B)

細海魚(Key)


<チケット発売>

●e+チケット先行抽選プレオーダー

受付期間7月18日(火)12:00~7月20日(木)23:35


●チケット一般発売:7月30日より一斉発売

ぴあ(Pコード:248-891)、ローソン(Lコード:72478)、イープラス

INFO.新宿LOFT 03-5272-0382




閲覧数:1,187回0件のコメント

Comments


bottom of page