FUKUOKA BEAT REVOLUTION 40th ANNIVERSARY

福岡で始まったBEATの革命は日本を席巻し、日本のロックへ変革をもたらした。ロック・シーンに確固たる位置を築き、その影響を受けたロッカーはいまも後を絶たない。そして、それは現在進行形だ。

福岡発のBEAT MUSIC「めんたいロック」誕生40周年を記念し、彼らが何故、ロック・ファンから熱烈な支持を受け、愛され続けるのか、改めてその軌跡、音楽、魅力を深堀する。

THE MODS、TH eROCKERS、THE ROOSTERS、SHEENA & THE ROKKETS…など、BEATの革命児たちは現在もロックの最前線で活躍、精力的で活発な活動を続けている。1980年9月にデビューしたTH eROCKERS、同年11月にデビューしたTHE ROOSTERSは2020年にデビュー40周年になる。その半年後、1981年6月にデビューしたTHE MODSは2021年には同じく40周年。福岡のロックのパイオニア、サンハウスの鮎川誠がシーナと結成したシーナ&ロケッツは1978年10月にデビュー、翌1979年12月、「ユー・メイ・ドリーム」のヒットを放ち、日本中のロック・ファンの目を福岡に向けさせた。2020年10月にはデビュー42周年となった彼らの存在と活動は福岡発のBEAT MUSICの礎でもある。福岡のビートは続いていく――BEAT GOES ON!

 

 

By F.B.R (K.Ichikawa & N.Horiuchi)

With Deep Love For FUKUOKA BEAT REVOLUTION

© 2020 by FUKUOKA BEAT REVOLUTION 40th